東郷誠 official web site "PROPELLER MUSIC LAB"
Text Size :  A A A
|  News  |  Diary  |  Live  |  Media  |  CD  |  Profile  |  Contact  |  myspace   |
Img_22bb1732aa26ad27e62f1edc457f8f6a
今年はクリスマスに歌い納めました。
ayurock in the parkとのツーマンでした。
よく知った仲なので、なにも言うことはありませんが…
なんと言うか、バンドの楽しさとか、
凝縮した一夜だった気がします。

僕も、特別なLIVEに特別なことをしますが、
流石に料理はできない。
彼女の強みでもあるなぁ。

このツーマンは来年もやりたいなぁと思いました。
沢山ありがとう!満員御礼!最高!

M1.群青の街
M2.さよならは風のように
M3.君を乗せて
M4.海辺の電車
M5.夕べの話
M6.風の噂
M7.モノクローム
EX1.君の帰りを待つ間

EX2.hello,good-bye
Img_4816affad8bfdad02d9e51a4ebcf9851
ミッチミッチェルにて。
いつも仲良くしてくれているKEEWOくん、
いつも距離が近すぎる(びったりと身体が触れ合っている)小川洋平、そして最近知り合ったばかりで、ご近所さんのminorsyndromeのヌッキーと。

「慕い慕われ」的な関係とか、先輩後輩とか、
仲間とか友達とか、なんだか曖昧な感情に支配されない無垢な感じを保てる数少ない人たち。

年に一回、こういう日があるって幸せですな。
みんなありがとう。
Img_ebeefc5d76a2b290e2fe77088121b7a8
今年の最終回、終えました。
これまであまり歌わなかった歌を、慎重に歌ったつもりです。

積み重ねます。
この先も。

そこに、君が待っていてくれたら嬉しい。

M1.群青の街
M2.さよならは風のように
M3.さくらの頃
M4.紫陽花ラプソディ
M5.アパートの鍵
M6.beautiful days
M7.Melody
M8.moon riverの向こう側
M9.ふたりで生きている/off courseカバー
M10.海辺の電車
M11.夕べの話
M12.片想い
M13.hello,good-bye
M14.君の帰りを待つ間

EX.モノクローム
Img_86781a49dbcf97445af95f32b3f45825
今宵は先月に続き京都シルバーウイングスLIVE。


今年は京都で歌う機会が無くて、
どうしようかと思っていたところを
センチラくんと平井さんが切れかけた紐を
繋げてくれました。

とても、とても、愛おしい夜です。
来年に続く、とても愛おしい夜に、
是非みんなとご一緒したいと思います。

グランドピアノで弾き語ります。
聴きに来てね。

是非にご予約を‼️19:45〜

11月11日金曜日
京都シルバーウィングス
開場19:00 開演19:30
前売2000円 当日2500円+1d
出演 杉本民名/Sentimental Lion
KEEWO /東郷誠
↓↓京都シルバーウイングスホームページ↓↓↓
 (Click!) 
Img_1bb97694f2c1138a208503d03bd452e6
自主企画、記憶noteのこととか、
昨夜のAKASOのこととかを、振り返ってみる。


東京から朗読家の菅野秀之さん、神戸から
シンガーソングライターCheri*ちゃんをお招きして、大阪桃谷Anieさんで開催した企画。

朗読と音の演出。
シンプルだけど複雑で、懐かしいけど新しい。
忘れかけていた、音そのものへの欲求を満たしてくれるイベントでした。

みんなのお陰で、素敵な時間を共有できたな。

打ち上げもロングランで。
話し足りない余韻をそれぞれにまとって帰路についた。

ありがとう。また、会えたらいいね。


そして、昨夜はAKASOへ。
VO/GO先輩のライブを拝聴するために。

300人。
これだけの動員力はどこにあるのか。

僕の見極めたいところは
序盤でフォーカスされていった。

長年積み重ねてきた年輪のような出会いと信頼。
サラッとこなすことなど決してできない、
時間や鍛錬の賜物。

微かな嫉妬に似た感情が僕の中にありました。
普段、あまりそういった感情は僕の中に無いので、とても不思議だったけれど。

あぁ、僕ならどうする?、僕はどうしたらいい?と思考を巡らせていました。

精進して、進化を繰り返し、
僕の中の好きな物事に集中し、楽しむ。

そして、検証する。


こんな楽しい明日への疑問を
確認するいい機会になりました。

VO/GOさん、ありがとう。
そして、おめでとう。